近世武家社会の政治構造

書誌事項

近世武家社会の政治構造

笠谷和比古著

吉川弘文館, 1993.2

タイトル読み

キンセイ ブケ シャカイ ノ セイジ コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 187

注記

文献等の注: 各節末

初出一覧: p450-451

索引(人名,事項): 巻末

内容説明・目次

目次

  • 第1部 近世武家社会の形成と武士の存在形態(近世武家社会の形成過程;徳川幕府の成立;近世武家社会における集団と個;近世武家屋敷駈込慣行)
  • 第2部 近世大名家の政治秩序(近世大名の諸類型;近世大名家における主従制と軍制;知行制と封禄相続制;近世官僚制と政治的意思決定の構造;幕府政治における将軍の位置)
  • 第3部 幕藩体制の政治秩序(幕藩関係概論;大名改易論;国役普請論;大名留守居組合論)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ