鎌倉幕府訴訟制度の研究

書誌事項

鎌倉幕府訴訟制度の研究

佐藤進一著

岩波書店, 1993.2

タイトル読み

カマクラ バクフ ソショウ セイド ノ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 135

注記

畝傍書房昭和18年刊の復刊

内容説明・目次

内容説明

裁判の理念や訴訟機関がどのように変遷したのかを幕府政治史との関連で考究した本書は、鎌倉幕府史研究にとって不可欠の基礎的文献である。研究者のあいだでは永らく「幻の名著」とされてきた。鎌倉年代記初めとする諸史料を検索渉猟して成った「鎌倉幕府職員表復原の試み」を新たに付録とした。日本中世史研究に朗報をもたらす刊行。

目次

  • 第1章 幕府の成立
  • 第2章 身分制に立脚する訴訟制度の成立
  • 第3章 訴訟対象を基準とする訴訟制度の分化
  • 第4章 六波羅探題
  • 第5章 鎮西探題
  • 附録 鎌倉幕府職員表復原の試み

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ