世界観と哲学の基本問題

書誌事項

世界観と哲学の基本問題

藤沢令夫著

岩波書店, 1993.5

タイトル読み

セカイカン ト テツガク ノ キホン モンダイ

大学図書館所蔵 件 / 179

内容説明・目次

内容説明

世界をどのように把握するか?世界観の形成は哲学とその延長上に誕生した科学にとって最重要の課題である。ギリシア哲学研究の第一人者である著者は、古代ギリシアにおける三つのパラドクスの意味を分析し解釈することを通して、この難問に真正面から挑戦する。その上で自然、技術、価値とは何かという哲学の基本問題をその根底にまで立帰って明らかにしていく。今日希求されている新たな世界観構築のために必須の書と言えよう。

目次

  • 第1章 世界解釈の基本問題—三つのパラドクスをめぐって
  • 第2章 自然とは
  • 第3章 技術とは
  • 第3章 倫理とは

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN09129340
  • ISBN
    • 4000012061
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxv, 236, 3p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ