親が倒れた : 在宅介護の現場から

書誌事項

親が倒れた : 在宅介護の現場から

野間裕子著

(OP叢書, 74)

ミネルヴァ書房, 1993.9

タイトル読み

オヤ ガ タオレタ : ザイタク カイゴ ノ ゲンバ カラ

大学図書館所蔵 件 / 98

内容説明・目次

内容説明

“親が倒れた”—。その時、家族は何をすべきか、在宅福祉が叫ばれる一方、その為のサービスや制度を、あなたはどれだけ知っていますか?老人介護の現場から、渦中の人たちのかき消されがちなつぶやきや嘆息、怒り、そして喜びを伝えます。第12回アップジヨン医学記事賞受賞。

目次

  • 1 親が倒れた
  • 2 だれがみるのか
  • 3 もうひとつの手が欲しい
  • 4 施設と在宅の間で
  • 5 医療と福祉、保健のネットワーク
  • 6 自分自身の老後のために
  • 7 高齢社会に向けて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN09655354
  • ISBN
    • 462302346X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    238p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ