ラーム神話と牝牛 : ヒンドゥー復古主義とイスラム

書誌事項

ラーム神話と牝牛 : ヒンドゥー復古主義とイスラム

小谷汪之著

(これからの世界史, 5)

平凡社, 1993.11

タイトル読み

ラーム シンワ ト メウシ : ヒンドゥー フッコ シュギ ト イスラム

大学図書館所蔵 件 / 207

注記

付表 連合州における宗派暴動…1924→1927: p254-260

内容説明・目次

内容説明

聖地アヨーディヤで発火した、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒の間の「宗教戦争」は、今一応鎮静化しつつあるように見えるが、いつまた再燃するか予断を許さない。この「宗教戦争」の歴史的背景を19世紀中葉にまで遡って追尋する。

目次

  • 序章 アヨーディヤ—ヒンドゥー・コミュナリズムの焦点
  • 1 牝牛のシンボリズム—ヒンドゥー・アイデンティティの形成
  • 2 牝牛とお囃子—政治化するヒンドゥー・アイデンティティ
  • 3 地方自治と議会—コミュナリズムの表舞台
  • 終章 アヨーディヤ—歴史に時効はあるのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ