湾岸危機 : 外交官の現場報告

書誌事項

湾岸危機 : 外交官の現場報告

国枝昌樹著

朝日新聞社, 1993.12

タイトル読み

ワンガン キキ : ガイコウカン ノ ゲンバ ホウコク

大学図書館所蔵 件 / 33

内容説明・目次

内容説明

イラクのクウェート侵攻当時、バグダッドの日本大使館参事官であった著者は、人質解放など、フセイン政権との息詰まる交渉の矢面に立たされる。戦争終結から2年半を経て、なおくすぶり続ける「湾岸危機」の本質を、直接の交渉担当者が初めて明らかにした問題作。迫真のドキュメント。

目次

  • 第1章 「危機」の序曲
  • 第2章 イラクの苦悩
  • 第3章 クウェート併合
  • 第4章 米国とイラク
  • 第5章 日本人、人質に
  • 第6章 9月、10月、そして11月
  • 第7章 解放
  • 第8章 「戦争」の序曲

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ