書誌事項

近代の短歌

武川忠一責任編集

(和歌文学講座 / 有吉保 [ほか] 編集, 9)

勉誠社, 1994.1

タイトル読み

キンダイ ノ タンカ

大学図書館所蔵 件 / 166

内容説明・目次

目次

  • 近代短歌の概観(黎明期—総論ならびに「あさ香社」の成立まで;近代への歩み—革新の達成;近代化—自然主義短歌の時代;諸結社の動向)
  • 近代短歌の特色と方法
  • 近代歌論の展開
  • 近代歌壇の形成
  • 近代短歌の様式—写生と連作を中心として
  • 「自然」への眼、「写生」の認識—文学史の中の子規の「写生」論
  • 近代短歌における自然と風土
  • 近代の歌人(落合直文、佐々木信綱;鉄幹と晶子—山川登美子をめぐって;子規・左千夫・節;太田水穂と窪田空穂;啄木・善麿〈哀果〉—抒情質の変革;牧水と夕暮;北原白秋・吉井勇;茂吉と文明—昭和八年;赤彦・千樫・憲吉;利玄・迢空・八一;柴舟・英一・篤二郎;女流歌人展望—晶子以後)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ