国際組織の政治経済学 : 冷戦後の国際関係の枠組み

書誌事項

国際組織の政治経済学 : 冷戦後の国際関係の枠組み

大芝亮著

有斐閣, 1994.2

タイトル読み

コクサイ ソシキ ノ セイジ ケイザイガク : レイセンゴ ノ コクサイ カンケイ ノ ワクグミ

大学図書館所蔵 件 / 201

注記

参考文献: p270-280

内容説明・目次

内容説明

国連、世界銀行、欧州復興開発銀行等の国際組織は、今日、新しい国際秩序の安定をめぐって、かつてなく大きな役割を担うようになった。本書は、「大国」日本に期待が大きい国際組織の役割と課題を、国際政治経済学の視点から解明した。

目次

  • 第1章 冷戦後の国際関係へのアプローチ
  • 第2章 国連の選挙支援活動
  • 第3章 国際金融組織と「ガバナンス」
  • 第4章 開発NGOと「政治」問題
  • 第5章 国連、国際金融組織、NGOの役割と課題
  • 第6章 冷戦後の国際関係と日本の国際組織外交

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ