賭博・暴力・社交 : 遊びからみる中世ヨーロッパ

書誌事項

賭博・暴力・社交 : 遊びからみる中世ヨーロッパ

池上俊一著

(講談社選書メチエ, 4)

講談社, 1994.2

タイトル別名

賭博暴力社交

タイトル読み

トバク ボウリョク シャコウ : アソビ カラ ミル チュウセイ ヨーロッパ

大学図書館所蔵 件 / 166

注記

参考文献: p221-236

索引: 巻末

本書の一部は著者が『現代思想』(青土社)1992年7月〜1993年5月に連載した論稿にもとづく

内容説明・目次

内容説明

「粗暴」で「不潔」な遊びにふける子供たち…。サイコロの一振りに、命を賭ける「悪魔の情欲」…。決闘を楽しみ、歌に、恋にあけくれる優雅な騎士と貴婦人たち。破天荒な遊びの数々がおりなす夢と現実。聖と俗、真面目と遊びを自由に横断するあたらしい中世像。

目次

  • 第1部 遊びの宇宙(子供の遊び;大人の遊び;遊びのプロフェッショナル;動物遊び)
  • 第2部 遊びと社会(習俗のなかの遊び;労働と余暇—遊びの誕生;遊びと社会関係;横溢する遊びの精神)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ