探書遍歴 : 封印された戦時下文学の発掘

書誌事項

探書遍歴 : 封印された戦時下文学の発掘

櫻本富雄著

新評論, 1994.1

タイトル読み

タンショ ヘンレキ : フウイン サレタ センジカ ブンガク ノ ハックツ

大学図書館所蔵 件 / 53

内容説明・目次

内容説明

「大東亜戦争」のさなか、戦争を賛美し謳歌した文化人のほとんどは、戦後そのことを自分史の中で抹殺し口をぬぐった。だがその足跡までは隠すことはできない。

目次

  • 幻の詩集か?
  • 稀覯本と呼ばれる書物がある
  • 偽の「幻の書」が現れた
  • 戦争末期の出版事情
  • アンソロジー『昭和の小楠公』
  • 新東亜建設のテキスト・二冊
  • 二冊の絵本
  • 中央公論社のマンガ本
  • 孤高の詩人・吉田一穂の軍歌
  • 無知との遭遇
  • 書籍とは呼べないが
  • これも古書ではないが
  • 二種類の『興亜詩集』
  • 一部削除になった詩集
  • 日本の母・讃仰
  • 『戦争詩集』
  • 『週刊小国民』を読む
  • 『決戦漫画輯』
  • 同題名でも異本であった「心の書」
  • 悪名高き二冊の本
  • 戦時下のペンネーム(筆名)〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ