書誌事項

男装論

石井達朗著

青弓社, 1994.3

タイトル別名

男装論

タイトル読み

ダンソウ ロン

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

引用・参考文献: p211-219

内容説明・目次

内容説明

女たちはなぜ男装してきたのか?男装を選んだ女たちの生に、人類学、フェミニズム、レズビアニズムなどの多彩な光をあて、そこに顕現する〈女性性・男性性〉の社会的意味の変遷を捉える。

目次

  • 第1章 サハラの誘惑
  • 第2章 衣ずれのフェティシズム
  • 第3章 ブッチ幻想—レズビアン的欲望の周辺
  • 第4章 男装とジェンダーの人類学
  • 第5章 「月経」を演じる男と,「父権」を主張する女—北アメリカ先住民(アメリカン・インディアン)の場合
  • 第6章 狂気と幻視—夫の衣服を着た女たち
  • 第7章 歴史にきざまれた三人のフランス女性の男装証明
  • 第8章 労働する女が、衣服を変える
  • 第9章 ジェンダーレス・バイオレンス—銃、軍服、サイエンスの力学

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN10643261
  • ISBN
    • 4787230786
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    228p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ