キッシンジャー : 世界をデザインした男

書誌事項

キッシンジャー : 世界をデザインした男

ウォルター・アイザックソン著 ; 別宮貞徳監訳

日本放送出版協会, 1994.5

タイトル別名

Kissinger

タイトル読み

キッシンジャー : セカイ オ デザイン シタ オトコ

大学図書館所蔵 件 / 119

注記

原著の抄訳

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784140801697

目次

  • 第1章 フュルト—少年時代(一九二三〜三八年)
  • 第2章 ワシントン・ハイツ—アメリカ同化(一九三八〜四三年)
  • 第3章 軍隊—ふるさと凱旋(一九四三〜四七年)
  • 第4章 ハーヴァード—野心的な学生(一九四七〜五五年)
  • 第5章 ニューヨーク—組織の一員(一九五四〜五七年)
  • 第6章 再びハーヴァードへ—教授時代(一九五七〜六八年)
  • 第7章 権力の周辺—ケネディ、ジョンソン、ロックフェラー(一九六一〜六八年)
  • 第8章 共謀者たち—キッシンジャーとニクソン(一九六八年)
  • 第9章 ヴェトナムへようこそ—極秘爆撃
  • 第10章 盗聴—様々な策謀
  • 第11章 行き止まり—呑み込まれた政権
  • 第12章 カンボジア侵攻—吹き荒れる怒り
  • 第13章 SALT—秘密外交による軍備制限
  • 第14章 中国—三極構造を築く
  • 第15章 名士—それらしからぬセックス・シンボル
巻冊次

下 ISBN 9784140801703

目次

  • 第16章 三極外交—ソ連・中国とアメリカ
  • 第17章 平和は目前に—玉虫色の協定
  • 第18章 クリスマス爆撃—なんのためのハノイ攻撃?
  • 第19章 国務長官—浮かびあがったひとり
  • 第20章 ヨム・キップル戦争—中東への介入
  • 第21章 シャトル外交—段階的前進
  • 第22章 報道陣—魅力的な背景説明
  • 第23章 節目—あらたな出発
  • 第24章 デタントの終焉—強硬路線を走る反対派連合
  • 第25章 消えた魔力—シナイ半島と東南アジア
  • 第26章 対外政策の倫理—レアルポリティークとその試練
  • 第27章 退場—しめっぽい幕切れ
  • 第28章 遺産—政策とパーソナリティー

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ