台湾支配と日本人 : 日清戦争一〇〇年

書誌事項

台湾支配と日本人 : 日清戦争一〇〇年

又吉盛清著

同時代社, 1994.6

タイトル別名

台湾支配と日本人 : 日清戦争100年

タイトル読み

タイワン シハイ ト ニホンジン : ニッシン センソウ ヒャクネン

大学図書館所蔵 件 / 96

注記

沖縄・台湾関係史年表: p[249]-256

内容説明・目次

内容説明

日清戦争の重要部分であった台湾占領戦争は、北白川宮能久親王を師団長とする近衛師団が中核となっていた。本書は、歴史に向き合う勇気が試される、新たな「日本人論」であり、台湾支配の先兵となった自らの「過去」と対峙するもう一つの「沖縄人論」である。

目次

  • 第1部 台湾植民地支配と日本人(台湾支配と日本人—日清戦争百年;台湾領有と沖縄;沖縄・台湾に見る天皇と皇族;沖縄は何を担ったのか;台湾・澎湖島に渡った沖縄人;台湾霧社事件;台湾疎開と沖縄;歴史の痛みを忘れえぬ台湾)
  • 第2部 台湾側資料からさぐる支配の実態(台湾総督府資料は語る;差別する側に立った沖縄人;台湾訪書の旅;台湾研究の現状と資料)
  • 第3部 アジアの運命を変えた台湾遭害事件(荒れ果てた「大日本琉球藩民五十四名墓」;百八年目の墓前祭;楊添才氏の墓前にたたずんで;我是琉球人〈私は琉球人です〉)
  • 沖縄・台湾関係史年表

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ