書誌事項

薬剤耐性の分子機構

鶴尾隆編

(Newメディカルサイエンス)

羊土社, 1994.10

タイトル読み

ヤクザイ タイセイ ノ ブンシ キコウ

大学図書館所蔵 件 / 98

注記

文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 第1章 多剤耐性(多剤耐性の分子機構;多剤耐性克服薬剤;P‐糖蛋白質の関与しない多剤耐性)
  • 第2章 トポイソメラーゼと耐性(DNAトポイソメラーゼIと耐性;トポイソメラーゼと耐性)
  • 第3章 生体還元系因子と耐性
  • (メタロチオネインと制癌剤耐性;グルタチオン系と耐性;AFFの生理活性機能と発現調節)
  • 第4章 アルキル化剤耐性(シスプラチン耐性;メチルトランスフェラーゼの機能と制癌への応用)
  • 第5章 臨床における耐性(臨床における耐性の課題と新薬;多剤耐性癌に対する遺伝子治療の可能性)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ