書誌事項

アポトーシスの分子医学

橋本嘉幸, 山田武編

(Newメディカルサイエンス)

羊土社, 1995.3

タイトル読み

アポトーシス ノ ブンシ イガク

大学図書館所蔵 件 / 98

注記

文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

生物個体の形成や恒常性も個体を構成する細胞の生死によって調節されている。細胞にはもともと死へのプログラムが備わっており、細胞は核の変性、断片化を伴うアポトーシスの過程を経て死滅する。最近では、アポトーシスが関係する種々の疾患が見出され、アポトーシスの調節による疾患治療への方向も考えられるようになってきた。

目次

  • 第1章 組織形成とアポトーシス
  • 第2章 アポトーシスの分子機構
  • 第3章 アポトーシスと疾患

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN12160440
  • ISBN
    • 4897065259
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    165p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ