国家なき全体主義 : 権力とイデオロギーの基礎理論

書誌事項

国家なき全体主義 : 権力とイデオロギーの基礎理論

マルク・オジェ著 ; 竹沢尚一郎訳

勁草書房, 1995.3

タイトル別名

Pouvoirs de vie, pouvoirs de mort : introduction à une anthropologie de la répression

タイトル読み

コッカ ナキ ゼンタイ シュギ : ケンリョク ト イデオロギー ノ キソ リロン

大学図書館所蔵 件 / 174

注記

注: 各章末

マルク・オジェの著書: p246

内容説明・目次

内容説明

G.ドゥルーズ、F.ガタリ、レヴィ=ストロース、E.モランらへの生産的な批判を展開。最も良質な人類学と現代思想との格闘の現場が生々しく見て取れる所が本書の最大の魅力である。

目次

  • 第1章 ライオスの復讐—人間の体性と差異(抑圧;自然、文化 ほか)
  • 第2章 国家なき全体主義—イデオ‐ロジックと権力関係(支配、全体主義、象徴作用;イデオ‐ロジック ほか)
  • 第3章 個人の幻想—リベラリスムと抑圧(個人、制度;制度、機能、支配 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN12256211
  • ISBN
    • 4326153040
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 248p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ