サイバネティックSFの誕生 : ギリシャ神話から人工知能まで

書誌事項

サイバネティックSFの誕生 : ギリシャ神話から人工知能まで

パトリシア・S・ウォリック著 ; 斉藤健一訳

ジャストシステム, 1995.12

タイトル別名

The cybernetic imagination in science fiction

タイトル読み

サイバネティック SF ノ タンジョウ : ギリシャ シンワ カラ ジンコウ チノウ マデ

大学図書館所蔵 件 / 43

注記

原著(Massachusetts Institute of Technology, c1980)の翻訳

文献:p335〜356

内容説明・目次

内容説明

人間と機械の関係をテーマにした小説を「サバイネティックSF」と名づけ、その源流を遙かギリシャ神話に遡り、現代科学の人工知能まで辿り着く、ユニークなSF評論の名著。

目次

  • 第1章 サイバネティック・イマジネーション
  • 第2章 文学的イメージの起源と初期の科学技術
  • 第3章 SFにおけるコンピューターとロボットのイメージ
  • 第4章 美学と方法
  • 第5章 孤立システムモデル
  • 第6章 閉鎖システムモデル
  • 第7章 開放システムモデル
  • 第8章 エレクトロニクスの未来へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN13567421
  • ISBN
    • 4883094154
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    369p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
    • BSH : SF
ページトップへ