日本の人口移動 : 戦後における人口の地域分布変動と地域間移動

書誌事項

日本の人口移動 : 戦後における人口の地域分布変動と地域間移動

大友篤著

大蔵省印刷局, 1996.1

タイトル読み

ニホン ノ ジンコウ イドウ : センゴ ニオケル ジンコウ ノ チイキ ブンプ ヘンドウ ト チイキカン イドウ

大学図書館所蔵 件 / 158

注記

引用文献: p183-184

監修: 人口・世帯研究会

内容説明・目次

内容説明

本書は、日本の戦後における人口の地域分布の変動を明らかにし、その直接の変動要因となる人口移動を、住居の変更をともなう移動(国内人口移動)と、住居の変更をともなわない常住地と従業地・通学地との間の日々の移動(通勤通学移動)とに分け、それぞれについて、主として国勢調査と住民基本台帳の人口移動統計を用いて、多面的に分析したものである。

目次

  • 第1部 日本人口の地域分布とその変動(地域人口の分布と規模の変動;大都市圏内における人口の地域分布変動と昼間人口)
  • 第2部 日本の国内人口移動とその変動(人口移動の概念と人口移動統計の利用上の問題点;生涯移動とその特性 ほか)
  • 第3部 日本の通勤通学移動(通勤通学移動の動向と通勤通学移動者の特性;通勤通学移動者の人口属性;大都市を中心とする通勤通学移動)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN13965424
  • ISBN
    • 4173151101
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    221p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ