書誌事項

倒産判例ガイド

竹内康二, 加藤哲夫著

(Case G)

有斐閣, 1996.6

タイトル読み

トウサン ハンレイ ガイド

大学図書館所蔵 件 / 77

内容説明・目次

内容説明

突如として襲ってくる倒産。しかし、兆候は事前に察知でき、予防も可能である。倒産の事後処理の分析を通じて、倒産予防のノウ・ハウを提供する。倒産現象の分析を始め、倒産手続に伴う債権者・債務者の権利義務関係、再建に至るまで、判例の流れをおさえ、円滑な経済粉争の解決の道を指し示す。さらに、現在ホットな親会社の責任、倒産税務、国家倒産についても相当の紙数をさいている。実務家のみならず、倒産法の学習にとっても最適の教材。

目次

  • 第1章 倒産処理の原則
  • 第2章 倒産現象
  • 第3章 申立手続
  • 第4章 保全の期間
  • 第5章 倒産手続の開始
  • 第6章 債権者の権利行使の制約
  • 第7章 倒産財団
  • 第8章 配当・再建
  • 第9章 親会社・経営者の責任
  • 第10章 倒産税務・会計
  • 第11章 国際倒産

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN14623889
  • ISBN
    • 4641018553
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xviii,372p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ