書誌事項

アルコール中毒の歴史

ジャン=シャルル・スールニア著 ; 星野徹, 江島宏隆訳

(りぶらりあ選書)

法政大学出版局, 1996.9

タイトル別名

Histoire de l'alcoolisme

タイトル読み

アルコール チュウドク ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 194

注記

監訳: 本多文彦

内容説明・目次

内容説明

先史時代から現代まで、“快適な毒物”アルコールへの人間の抑え難い欲求と、それに対処してきた社会の認識の変遷をあとづける。欧米諸国から中国、インドに及ぶさまざまな国と地域、あらゆる社会階層にわたって、一方では酒を飲み続け、酒に飲まれ続けた人間たちを見る世間の眼差し、態度と行動を、一方ではそれと戦うために思いつき、考え出された手段と方法を、詳細かつ実証的に叙述した本書は、人間の愚かさと残酷さ、そして寛容さの物語でもある。

目次

  • 第1部 伝統の中の飲酒癖(古代の酒飲み;ワインとブランデー;啓蒙の世紀からマグヌス・フスまで(一七〇〇‐一八五〇))
  • 第2部 アルコール中毒—悪徳か病気か(「アルコール中毒」の誕生—マグヌス・フス(一八〇七‐一八九〇);飲み方;医学上のアルコール中毒;社会と民族を脅かす悪徳;行動する美徳)
  • 第3部 現代のアルコール中毒療法学(いわゆる「アルコール中毒」の臨床医学と生物学;患者の世話の技術と相互扶助;予防—その推進者と敵対者;新しいアルコール中毒)
  • 結論 アルコールは「合法的な」毒物か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN15087267
  • ISBN
    • 9784588021770
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 436p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ