薬害エイズを生きる : 帝京大病院血友病患者島田照国の記録

書誌事項

薬害エイズを生きる : 帝京大病院血友病患者島田照国の記録

西野瑠美子著

明石書店, 1996.11

タイトル読み

ヤクガイ エイズ オ イキル : テイキョウダイ ビョウイン ケツユウビョウ カンジャ シマダ テルクニ ノ キロク

大学図書館所蔵 件 / 83

内容説明・目次

内容説明

出血が止まらず、死線をさまよったときに助けてくれた医師が、なぜ、HIV感染の疑いが濃い血液製剤を使い続けたのか。実名を公表して提訴に踏み切った患者と家族の苦悩と希望を描く。

目次

  • 1 生い立ち(少年の日の記憶;独り立ち ほか)
  • 2 告知(帝京大エイズ第一号患者;京英会 ほか)
  • 3 三重の構造犯罪(非加熱血液製剤使用続行の謎;HIV第四ルート感染;実名提訴を決意)
  • 4 社会の偏見と闘う(職場とエイズ;労働組合とエイズ対策)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ