ジェンダーと文学 : イェリネク、ヴォルフ、バッハマンのまなざし

書誌事項

ジェンダーと文学 : イェリネク、ヴォルフ、バッハマンのまなざし

中込啓子著

鳥影社 , 星雲社 (発売), 1996.10

タイトル別名

ジェンダーと文学 : イェリネクヴォルフバッハマンのまなざし

タイトル読み

ジェンダー ト ブンガク : イェリネク ヴォルフ バッハマン ノ マナザシ

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

年譜: p277-289

内容説明・目次

内容説明

イェリネク、ヴォルフ、バッハマンの三人の女性が書くことの意味に挑戦している姿を丹念に分析し、その生き方と仕事の方向を鋭く抉る意欲的評論。

目次

  • 第1章 インゲボルク・バッハマン(ジェンダーと言説;フランツァの心のなかの旅)
  • 第2章 クリスタ・ヴォルフ(「空想的厳密性」とヴォルフの「幻肢痛」;物語『カッサンドラ』の「痛み」の言説)
  • 第3章 エルフリーデ・イェリネク(『女性ピアニスト』と愛の脱神話化‐効果;長編小説『快楽』の「自然」をめぐる重層的言語の破壊力;クララ・Sと女ヴァンパイア、エミリーとカルミラに見る男女間闘争;エルフリーデ・イェリネクの戯曲『トーテンアウベルク』)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ