書誌事項

生命のストラテジー

松原謙一 , 中村桂子著

(ハヤカワ文庫, NF202)

早川書房, 1996.3

タイトル読み

セイメイ ノ ストラテジー

大学図書館所蔵 件 / 36

注記

岩波書店1990年刊の増訂

内容説明・目次

内容説明

生命とは何か。親から生を受け、子へと伝えていく私たちは、どこから来てどこへ行くのか—これらの問いに、最新の分子生物学は遺伝子のふるまいから解明を試みる。その結果、生命は驚くべき矛盾に満ちていることがわかった。精密だが遊びがあり、合理的だが無駄がある。しかも、あり合わせの部品を使いポップアート方式で組み立てられているのだ。生命の生存戦略を通して、新たな生命像を語る現代分子生物学の到達点。

目次

  • 1 プロローグ—分子生物学者の見る生命
  • 2 遺伝子—研究につれて現れてきた新しい姿
  • 3 多様だが共通、共通だが多様
  • 4 特徴ある二つの世界
  • 5 安定だが変化し、変化するが安定
  • 6 巧妙、精密だが遊びがある—調節
  • 7 偶然と必然
  • 8 合理的だがムダがある
  • 9 精巧な設計図だがポップアート方式
  • 10 正常と異常に明確な境はない

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN15632692
  • ISBN
    • 4150502021
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    309p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ