書誌事項

ヘーゲル

城塚登 [著]

(講談社学術文庫, [1270])

講談社, 1997.2

タイトル読み

ヘーゲル

大学図書館所蔵 件 / 176

注記

底本: 「人類の知的遺産」シリーズ46 「ヘーゲル」(1980年, 講談社刊)

ヘーゲルの肖像あり

ヘーゲル年表: p450-455

文献案内: p456-460

内容説明・目次

内容説明

近代ドイツ最大の哲学者ヘーゲルは、論理学、自然哲学、精神哲学、宗教哲学、歴史哲学、哲学史等々にわたって、近代哲学の枠組みを超出する壮大な哲学体系を構築した。ヘーゲル哲学が「現代哲学の母胎」といわれる所以である。本書は、マルクス、フォイエルバッハはもとより、アドルノ、サルトル、ルカーチなど、現代思想の諸潮流に多大な影響を与えたヘーゲル哲学の核心に迫る恰好の案内書である。

目次

  • 1 ヘーゲル哲学の核心(「精神」と〈われわれ〉という境位;時代の哲学的把握 ほか)
  • 2 ヘーゲルの生涯と思想形成(少年時代;大学生時代 ほか)
  • 3 ヘーゲルの著作(「キリスト教の実定性」;「キリスト教の精神とその運命」 ほか)
  • 4 ヘーゲルと現代(ヘーゲルと現代思想;ヘーゲル哲学の現代的意義)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ