The wild duck : a new translation, the writing of the play, criticism

書誌事項

The wild duck : a new translation, the writing of the play, criticism

Henrik Ibsen ; translated and edited by Dounia B. Christiani

(Norton critical editions)

W.W. Norton, c1968

[1st ed.]

タイトル別名

Vildanden

統一タイトル

Vildanden. 1968

大学図書館所蔵 件 / 40

この図書・雑誌をさがす

注記

Translation of: Vildanden

Bibliography: p. 225-226

内容説明・目次

内容説明

The only play in which Ibsen denies the validity of revolt, The Wild Duck suggests that under certain conditions, domestic falsehoods are entirely necessary to survival. Plays for Performance Series.

「Nielsen BookData」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA04543169
  • ISBN
    • 0393098257
  • LCCN
    68010895
  • 出版国コード
    us
  • タイトル言語コード
    eng
  • 本文言語コード
    eng
  • 原本言語コード
    swe
  • 出版地
    New York
  • ページ数/冊数
    ix, 226 p.
  • 大きさ
    22 cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ