書誌事項

Mathematicaによる離散数学入門

片桐重延, 室岡和彦共著

(新・数学とコンピュータシリーズ, 10)

東京電機大学出版局, 1997.4

タイトル別名

離散数学入門 : Mathematicaによる

タイトル読み

Mathematica ニヨル リサン スウガク ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 125

注記

監修: 片桐重延

索引: p220-224

内容説明・目次

内容説明

離散数学と呼ばれる数学の一分野が近年めざましく発展してきた。この原因として、探究のきっかけ、あるいは基本的な題材が日常生活に結びついているからである。また、離散数学はコンピュータあるいは情報化社会に密接に関連している。本書では、従来からある身近かな題材を中心に離散数学をまとめ、Mathematicaを用いて問題を解決するようにした。Mathematicaは豊富なパッケージを持ち、世界地図やTEX、グラフ理論なども扱えるが、その基本的な利用は、数や式、データやリスト、グラフィックスや音である。本書もこの3つに絞った。

目次

  • 第1章 Mathematica
  • 第2章 離散化のアイデア
  • 第3章 数え上げの方法
  • 第4章 数列を作る
  • 第5章 データ処理と確率
  • 第6章 離散構造

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ