フランス革命の光と闇 : 革命200年記念シンポジウム(1989-1994年)

書誌事項

フランス革命の光と闇 : 革命200年記念シンポジウム(1989-1994年)

札幌日仏協会編

勁草書房, 1997.5

タイトル別名

La Révolution française : lumières et ténèbres : Symposium en l'honneur du Bicentenaire de la Révolution française(1989-1994)

フランス革命の光と闇 : 革命200年記念シンポジウム : 1989-1994年

タイトル読み

フランス カクメイ ノ ヒカリ ト ヤミ : カクメイ 200ネン キネン シンポジウム 1989 1994ネン

大学図書館所蔵 件 / 137

注記

参考文献: 論末

内容説明・目次

内容説明

自由・平等・友愛と流血・戦争・独裁の光と闇。フランス革命の6年間を多面的に最高の革命史家に学び、新しい人類文化を探る。

目次

  • 1990年(革命祭典の図像;モンテスキューとフランス革命;スタンダールと革命)
  • 1991年(ナショナリズムとインターナショナリズム—フランス革命期からナポレオンへ)
  • 1992年(フランス革命における戦争と平和—一七九二年を中心に;ナポレオン戦争とロシア—トルストイ作『戦争と平和』をめぐって)
  • 1993年(ルソー、ロベスピエール、テロルとフランス革命)
  • 1994年(フランス革命と独裁;「フランス革命の光と闇」に学んで—日本国憲法の平和の理念とその実現の仕方について思う)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ