数学の夜明け : 対談:数学史へのいざない

書誌事項

数学の夜明け : 対談:数学史へのいざない

エミール・ノエル編著 ; 辻雄一訳

森北出版, 1997.7

タイトル別名

Le matin des mathématiciens : entretiens sur l'histoires des mathématiciens

タイトル読み

スウガク ノ ヨアケ : タイダン スウガクシ エノ イザナイ

大学図書館所蔵 件 / 150

注記

文献表: p199-202

本書の翻訳にあたって参考にした主な書物: p208-209

原著(1985)の全訳

内容説明・目次

内容説明

本書では、最も古いバビロニアの文献からはじまってヨーロッパ中世まで、時代をめぐる旅を提案する。対談は、「フランス文化」というパリのラジオ放送でおこなわれたものである。また、写真や説明図を豊富に入れた。

目次

  • バビロニア(M.キャヴァン)
  • エジプト(M.キャヴァン)
  • ユークリッド以前のギリシア人(M.キャヴァン)
  • ユークリッド(M.キャヴァン)
  • アルキメデス(J.ドンブル)
  • アポロニオス(J.ドンブル)
  • アレクサンドリアからビザンティウムへ—三角法と測定(M.キャヴァン)
  • アレクサンドリアからビザンティウムへ—たそがれに向かって(M.キャヴァン)
  • 中国(J.‐C.マルツロフ)
  • インド(G.マザール)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA31523211
  • ISBN
    • 4627018703
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 216p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ