書誌事項

構造変化の経済動学 : 学習の経済的帰結についての理論

L.L.パシネッティ著 ; 清水一史, 本田雅子, ミカエラ・ノタランジェロ訳

(ポスト・ケインジアン叢書, 25)

日本経済評論社, 1998.2

タイトル別名

Structural economic dynamics : a theory of the economic consequences of human learning

構造変化の経済動学 : 学習の経済的帰結についての理論

タイトル読み

コウゾウ ヘンカ ノ ケイザイ ドウガク : ガクシュウ ノ ケイザイテキ キケツ ニ ツイテノ リロン

大学図書館所蔵 件 / 171

注記

監訳者: 佐々木隆生

原著(Cambridge University Press, 1993)の翻訳

参考文献: p225-230

内容説明・目次

内容説明

本書は、構造変化の経済動学を、資本財と利潤のない純粋労働という大胆で鋭い抽象の中で追求し、現代産業経済を特徴づける人間学習に基づく技術変化と雇用、価格変化の関係の本質的特徴を描く。

目次

  • 第1章 経済理論と構造変化の放置
  • 第2章 純粋労働生産経済
  • 第3章 均斉動学
  • 第4章 構造動学
  • 第5章 進化する構造と価格水準
  • 第6章 消費、貯蓄、利子率と異時点間所得分配
  • 第7章 長期発展の進化する構造について
  • 第8章 「現実」経済体系から「自然」経済体系に向かって:制度の役割
  • 第9章 経済体系の有界性と国際経済関係

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA34750730
  • ISBN
    • 9784818809680
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xx, 247p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ