視線と差異 : フェミニズムで読む美術史

書誌事項

視線と差異 : フェミニズムで読む美術史

グリゼルダ・ポロック著 ; 萩原弘子訳

(ウイメンズ・ブックス, 18)

新水社, 1998.2

タイトル別名

Vision and difference : femininity, feminism and the histories of art

タイトル読み

シセン ト サイ : フェミニズム デ ヨム ビジュツシ

大学図書館所蔵 件 / 230

注記

原著 (London ; New York : Routledge, 1988) の翻訳

内容説明・目次

内容説明

本書は、西洋近代美術の歴史が記述・記録されるなかで強力に働いている規範に含まれる偏りを明らかにする論争の書であり、フェミニストによる文化研究の理論的提起として、すでに一種の古典の位置を獲得している。…本書の価値は、議論の緻密さと、変革を展望する著者のはっきりと闘う姿勢にある。

目次

  • 第1章 芸術の歴史に踏みこむフェミニスト
  • 第2章 視線、声、権力
  • 第3章 女性性(フェミニニティ)の空間とモダニティ
  • 第4章 プレ・ラファエロ派文献における記号としての女
  • 第5章 フォトエッセイ
  • 第6章 記号としての女
  • 第7章 1970年代を検証する

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA35081090
  • ISBN
    • 4915165809
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    356p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ