エコロジー神話の功罪 : サルとして感じ、人として歩め

書誌事項

エコロジー神話の功罪 : サルとして感じ、人として歩め

槌田敦著

ほたる出版 , 星雲社 (発売), 1998.1

タイトル読み

エコロジー シンワ ノ コウザイ : サル トシテ カンジ ヒト トシテ アユメ

大学図書館所蔵 件 / 100

注記

主要参考文献: p284-285

内容説明・目次

内容説明

エコロジーは21世紀の基本。しかし、間違いだらけの「エコロジー神話」は社会の混乱をまねくだけ。リサイクル運動に異議あり、の発言から5年。その反響と成果をもとに書き下ろした、必読・痛快のエコロジー読本。

目次

  • 第1章 こうすれば地球が救えるという神話
  • 第2章 自然エネルギーでという実現不可能な神話
  • 第3章 『地球の危機』という見当違いの脅迫
  • 第4章 生命エンジンと地球エンジンの仕組み
  • 第5章 文明社会を維持する条件
  • 第6章 自然の循環を豊かにするための設計図
  • 第7章 『自由貿易』が世界を砂漠化する
  • 第8章 エコロジー、科学技術、そして政治

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA35391065
  • ISBN
    • 4795238529
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京,東京
  • ページ数/冊数
    285p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ