プルースト : 感じられる時

書誌事項

プルースト : 感じられる時

ジュリア・クリステヴァ著 ; 中野知律訳

筑摩書房, 1998.5

タイトル別名

Le temps sensible : Proust et l'expérience littéraire

タイトル読み

プルースト : カンジラレル トキ

大学図書館所蔵 件 / 164

注記

参考文献: p475-484

内容説明・目次

内容説明

現代思想の到達点を示す待望のプルースト論。フランス現代思想をリードしてきた記号学者・精神分析医がプルーストを読み解き、「時間」「記憶」「夢」「感覚」「言語」「死」…をめぐって白熱の思考を紡ぎ出す渾身の大著。

目次

  • 第1部 見出された人々(多重映像;古典の魅力—出典、適合、流用;同一性の問題)
  • 第2部 言うことが知覚することであるとき(体内化された時間の経験;隠喩の擁護;感覚とは言語であろうか? ほか)
  • 第3部 想像的世界あるいは時間のなかの幾何学(プルーストの文章;焦燥感を失うこと;長い間longtemps’時le Temps)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA36202758
  • ISBN
    • 4480836349
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    496p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ