書誌事項

基軸通貨ドルの形成

西倉高明著

勁草書房, 1998.6

タイトル読み

キジク ツウカ ドル ノ ケイセイ

大学図書館所蔵 件 / 125

内容説明・目次

内容説明

ドルの基軸通貨化のプロセスをたどりながら、日米間と欧米間の国際金融関係が戦後どのように形成されてきたかを分析・検討し、三極通貨体制の基礎構造を明らかにする。

目次

  • 序章 国際決済と国際通貨
  • 第1章 IMF協定と基軸通貨ドル
  • 第2章 ニューヨーク外国為替市場の史的発展
  • 第3章 ドル危機とアメリカの公的為替操作
  • 第4章 わが国の対外決済制度の整備
  • 第5章 1960年代のわが国貿易金融の特徴
  • 第6章 日米間国際金融構造の非対称性
  • 第7章 対ドル差別と西ヨーロッパ域内決済メカニズムの形成
  • 第8章 EMAと基軸通貨ドル
  • 第9章 貿易取引通貨の多様化と為替媒介通貨ドル
  • 終章 ドルのオーバー・ストレッチ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA3644850X
  • ISBN
    • 4326501529
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 244p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ