にせもの美術史 : 鑑定家はいかにして贋作を見破ったか

書誌事項

にせもの美術史 : 鑑定家はいかにして贋作を見破ったか

トマス・ホーヴィング著 ; 雨沢泰訳

朝日新聞社, 1999.4

タイトル別名

False impressions : the hunt for big-time art fakes

タイトル読み

ニセモノ ビジュツシ : カンテイカ ワ イカニ シテ ガンサク オ ミヤブッタカ

大学図書館所蔵 件 / 102

内容説明・目次

内容説明

古代ローマでつくられた似非ギリシャ美術から、現代巨匠の贋作まで、欲望と嘘に彩られた「芸術的詐欺」が巻き起こしたスキャンダルは数知れない。元メトロポリタン美術館長にして慧眼の鑑定家が語る贋作者たちとの頭脳戦。

目次

  • 鑑定家、贋作者、そして贋作をどう語るか
  • かるはずみな古代
  • 偽造された中世
  • ルネサンスとバロックのごまかし
  • ヴィクトリア朝のペテン
  • 贋作の黄金時代—いま!
  • ある画家との出会い
  • わが修業時代
  • 本物のプロ
  • ヴォルフガングを叩きつぶす〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4084166X
  • ISBN
    • 4022573619
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    383p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ