書誌事項

漱石の記号学

石原千秋著

(講談社選書メチエ, 156)

講談社, 1999.4

タイトル読み

ソウセキ ノ キゴウガク

大学図書館所蔵 件 / 180

内容説明・目次

内容説明

明治という時代。激変する社会にあって、「次男坊」や「主婦」は、いかなる存在だったのか?また「神経衰弱」という病はどんな意味を持ちえたのか?小説中の、一見小さな事柄を「文化記号」としてとらえたとき、代助、三千代ら揺れ動く人びとの「生」は、鮮やかにその姿を現す。漱石の豊饒なテクストを横断して示す、犀利な「読みの方法」。

目次

  • 序章 漱石の方法
  • 第1章 次男坊の記号学
  • 第2章 長男の記号学
  • 第3章 主婦の記号学
  • 第4章 自我の記号学
  • 第5章 神経衰弱の記号学
  • 第6章 セクシュアリティーの記号学
  • 終章 方法としての東京

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ