書誌事項

牛乳と肉

本間正樹文 ; 菊池東太写真

(調べてみようわたしたちの食べもの, 8)

小峰書店, 1999.4

タイトル読み

ギュウニュウ ト ニク

大学図書館所蔵 件 / 20

注記

監修: 板倉聖宣

内容説明・目次

内容説明

日本人が牛乳や肉をふつうに食べるようになったのは、明治の文明開化以後のこと。その肉も最近はとても消費がふえている。この数十年間に日本人の体格が大きくなった理由のひとつは、牛乳と肉のおかげともいいます。小学校高学年以上。

目次

  • 牛乳と乳牛
  • 牛から乳をしぼる
  • 牧場のようす
  • 牛のえさは、なに?
  • 牛舎のそうじ
  • 牛乳工場では
  • いろいろな牛乳
  • いろいろな乳製品
  • 乳製品のはじまり
  • 牛乳の生産がさかんなところ〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA41647775
  • ISBN
    • 9784338158084
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    35p
  • 大きさ
    29cm
  • 親書誌ID
ページトップへ