書誌事項

グローバリズムという妄想

ジョン・グレイ著 ; 石塚雅彦訳

日本経済新聞社, 1999.6

タイトル別名

False dawn : the delusions of global capitalism

グローバリズムという妄想

タイトル読み

グローバリズム ト イウ モウソウ

大学図書館所蔵 件 / 285

注記

原著(Granta Books, London, 1998)の全訳

文献(注): p298-317

内容説明・目次

内容説明

世界を席巻するかに見えるアングロ・アメリカン市場主義こそ、価値の多元性を否定し、経済と社会を混乱に陥れる元凶だ!グローバリゼーションの虚妄と危険性を痛烈に批判し、欧米論壇で話題を呼んだ注目書、待望の邦訳。

目次

  • 1 『大転換』からグローバル自由市場への道程
  • 2 国家が構築した自由市場
  • 3 グローバリゼーションの虚実
  • 4 新しいグレシャムの法則
  • 5 アメリカとグローバル資本主義のユートピア
  • 6 共産主義崩壊後のロシアのアナーキー資本主義
  • 7 西欧の黄昏とアジア型資本主義の勃興
  • 8 レッセフェール時代の終焉

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ