がんの分子生物学 : がん遺伝子とがん抑制遺伝子

書誌事項

がんの分子生物学 : がん遺伝子とがん抑制遺伝子

G.ピータース, K.H.ヴァウスデン編 ; 野田亮訳

シュプリンガー・フェアラーク東京, 2000.3

タイトル別名

Oncogenes and tumour suppressors

タイトル読み

ガン ノ ブンシ セイブツガク : ガン イデンシ ト ガン ヨクセイ イデンシ

大学図書館所蔵 件 / 119

注記

Oncogenes and tumour suppressors.の翻訳

文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

本書では、「がん遺伝子とシグナル伝達」、「がん抑制遺伝子と細胞周期制御」という二つの限定し、研究分野におけるおもな進展と重要な分子について現状を要約した。

目次

  • 第1部 がん遺伝子とシグナル伝達(がん遺伝子変異のメカニズム;増殖因子;細胞トランスフォーメーションにおける増殖因子受容体の役割;細胞質チロシンキナーゼ ほか)
  • 第2部 がん抑制遺伝子と細胞周期制御(哺乳動物細胞における細胞周期の制御;網膜芽腫遺伝子産物および関連タンパク質;がん抑制遺伝子p53;がん抑制遺伝子と遺伝性がん ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA46178693
  • ISBN
    • 4431708561
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xv, 310p
  • 大きさ
    26cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ