書誌事項

比較文学的読書のすすめ

渡邊洋著

(Sekaishiso seminar)

世界思想社, 2000.5

タイトル読み

ヒカク ブンガクテキ ドクショ ノ ススメ

大学図書館所蔵 件 / 153

内容説明・目次

内容説明

読書が好きなあなたのための文学作品生成の秘密にせまる読書術。同一ジャンルに属する日本文学と外国文学の類似点・相違点・相互関係を探る「横の関係への視点の拡大」が文学をより深く面白くする、そんな“比較文学的読書”のすすめ。

目次

  • 比較文学的読書とは
  • 作家と外国—ツルゲーネフ『煙』
  • わが国最初の近代小説—二葉亭四迷『浮雲』
  • ロマン主義小説—国木田独歩『源おぢ』
  • 自然主義小説—岩野泡鳴『耽溺』
  • 耽美主義小説—谷崎潤一郎『少年』
  • 白樺派の文学—志賀直哉『網走まで』
  • プロレタリア文学—葉山嘉樹『海に生くる人々』
  • 新感覚派の小説—横光利一『春は馬車に乗つて』
  • 新興芸術派の文学—井伏鱒二『山椒魚』〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ