われ思うゆえに思考実験あり : 最新科学理論がもたらす究極の知的冒険

書誌事項

われ思うゆえに思考実験あり : 最新科学理論がもたらす究極の知的冒険

橋元淳一郎著

早川書房, 2000.2

タイトル読み

ワレ オモウ ユエ ニ シコウ ジッケン アリ : サイシン カガク リロン ガ モタラス キュウキョク ノ チテキ ボウケン

大学図書館所蔵 件 / 88

内容説明・目次

内容説明

「思考実験」とは、実際には実験できないことを頭の中で考えてみること—つまり、空想の世界であれこれ実験する試みです。頭の中だから、従来の科学の枠にとらわれないで自由に想像力を膨らませることができます。ただし、それには条件がひとつ。どんな「思考実験」をおこなう場合にも、厳密な科学法則にのっとって進めなければなりません。そのような姿勢で、橋元先生はドクターψという名のコンピュータといっしょに、たくさんの難問奇問に挑みました。例をあげますと…光合成人間は環境問題を解決できるか、そろばんは自己意識を持てるかなどです。これらの問題を、分子生物学、遺伝的アルゴリズム、認知科学、量子重力理論、カオス理論など、さまざまな最新科学理論を駆使して考えていきます。ときどき、有名な思考実験である「巡回セールスマン問題」や「中国語の部屋」なども紹介されます。

目次

  • 第1章 葉緑体人間は可能か
  • 第2章 人工生命は自己意識を持てるか
  • 第3章 自己意識とは何か
  • 第4章 時間とエントロピー—生命はいかにして誕生しえたのか
  • 第5章 時間はなぜ過去から未来に流れるのか—カオスと量子論
  • 第6章 真の実在を求めて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA46379709
  • ISBN
    • 4152082658
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    254p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ