書誌事項

遺伝子操作の原理

R.W.オールド, S.B.プリムローズ共著 ; 作見邦彦[ほか]共訳

培風館, 2000.6

第5版

タイトル別名

Principles of gene manipulation

タイトル読み

イデンシ ソウサ ノ ゲンリ

大学図書館所蔵 件 / 202

注記

監訳: 関口睦夫

その他の訳者: 服部和枝, 穴井元昭, 中別府雄作

原著第5版(Blackwell Science, 1994)の翻訳

引用文献: p403-419

内容説明・目次

内容説明

本書は遺伝子操作の原理とそれに附随する技術を専門家でない読者が十分に理解できるよう詳しく説明したもので、入門書として役立つと同時に、すでに組換えDNA研究に携わっている研究者が本分野全体を見渡すのにも役立つようまとめられている。この第5版では、新たにPCRに1章を割き、また関連分野の進歩に呼応して、全章にわたって訂正増補がなされている。新しい内容を取り入れ、多様で複雑な事項をわかりやすく解説するという姿勢は初版以来受け継がれており、それが本書を魅力あるものにしている。遺伝子操作の基礎とその応用に関心のある学生や研究者に好適な参考書である。

目次

  • 遺伝子操作:すべてを含んだ技術
  • 基本技術
  • DNA分子の切断と結合
  • 大腸菌でのクローニングにおいてベクターとして用いられるプラスミド
  • 大腸菌のバクテリオファージとコスミドベクター
  • クローニングの全体計画:遺伝子ライブラリーとcDNAクローニング
  • 組換え体の選択とスクリーニング
  • クローン化されたDNA分子の大腸菌での発現
  • DNA塩基配列の解析
  • PCR〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA47019108
  • ISBN
    • 4563077585
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 428p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ