セックス・イン・ザ・フューチャー : 生殖技術と家族の行方

書誌事項

セックス・イン・ザ・フューチャー : 生殖技術と家族の行方

ロビン・ベイカー著 ; 村上彩訳

紀伊国屋書店, 2000.7

タイトル別名

Sex in the future : ancient urges meet future technology

タイトル読み

セックス イン ザ フューチャー : セイショク ギジュツ ト カゾク ノ ユクエ

大学図書館所蔵 件 / 188

注記

参考文献: p333-334

内容説明・目次

内容説明

人工授精、代理出産、体外受精、凍結精子・卵子、代理精巣・卵巣、クローニング…。生殖技術の進歩は、「不妊」という難題を次々に解決していくだろうが、それ以上に、われわれの性行動や家族のかたちを根本的に変えてしまう力を持っている。未来のテクノロジーと市場原理、そして太古以来の人類の欲望が結びついたとき、いったい何がおこるのか?近未来の性生活を描くショートストーリーと平易な科学的検証を織り交ぜながら、21世紀のライフスタイルを大胆に予測していく。

目次

  • 第1部 核家族の衰退(父子鑑定と扶養義務;弱まるきずな)
  • 第2部 不妊の終焉(女性の場合—体外受精と代理出産;男性の場合—人工授精と体外受精 ほか)
  • 第3部 生殖パートナー選び(避妊カフェテリア;生殖レストラン)
  • 第4部 未来の男女関係—悪夢かバラ色か(家族、浮気、世界人口;近親相姦、人間関係、法 ほか)
  • 第5部 タイム・ワープ(更年期を越えて、死を越えて;自然の尊厳)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA47492354
  • ISBN
    • 431400875X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    334p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ