埴谷雄高と存在論 : 自同律の不快・虚体・存在の革命

書誌事項

埴谷雄高と存在論 : 自同律の不快・虚体・存在の革命

鹿島徹著

(平凡社選書, 209)

平凡社, 2000.10

タイトル読み

ハニヤ ユタカ ト ソンザイロン : ジドウリツ ノ フカイ キョタイ ソンザイ ノ カクメイ

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

埴谷雄高略年譜: p335-337

読書案内: p338-339

内容説明・目次

内容説明

戦後文学のなかにあって、あたかも「魔の山」のごとく神秘に身を包んで屹立する埴谷雄高の文学。その難解な意匠と沈鬱な気分のうちに、いかなる思想的なポテンシャルがあったのか。「自同律の不快」という「前‐存在論的根本気分」のリアリティが、存在についての問いを読者の内に喚起し、「存在の革命」へと誘導する。そこに、埴谷雄高の文学の未完の可能性を見出し、同時にその隘路をも発見しようとする。「存在論」という切り口から埴谷文学の魅力と限界を鮮やかに画定し、新たな「精神のリレー」へと読者を誘う瞠目すべき埴谷雄高論。

目次

  • 第1章 『死霊』の懐胎—獄中にて
  • 第2章 「存在への平手打ち」へ—『不合理ゆえに吾信ず』
  • 第3章 虚体論とその射程—初期の『死霊』から
  • 第4章 「存在論」の隘路
  • 第5章 死者の贖いの問題—“夢魔の世界”の意味するもの
  • 第6章 遺された『死霊』の可能性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA48628644
  • ISBN
    • 4582842097
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    342p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ