善い社会 : 道徳的エコロジーの制度論

書誌事項

善い社会 : 道徳的エコロジーの制度論

R.N.ベラー [ほか著] ; 中村圭志訳

みすず書房, 2000.10

タイトル別名

The good society

タイトル読み

ヨイ シャカイ : ドウトクテキ エコロジー ノ セイドロン

大学図書館所蔵 件 / 283

注記

原著 (New York : Alfred A. Knopf, 1991) の全訳

その他の著者: R.マドセン, W.M.サリヴァン, A.スウィドラー, S.M.ティプトン

参照文献邦訳一覧: p353-354

内容説明・目次

内容説明

本書は、広く読まれた『心の習慣』の、いわば「続編」にあたる。前著では現代社会の個人主義がミーイズムとほぼ同義に堕していることが指摘され、それに対して責任ある政治的・倫理的実践をともなう「個人」のヴィジョンが示された。では、そうした善き意思をもつ「個人」が生きられる「社会」を築くには、どうすればよいか?それが本書のテーマである。著者たちは、われわれが共同生活をいとなむうえで築いた行動様式の型—社会学者のいう「制度」をキーワードに、具体的な考察を進める。政治・経済はもとより教育や宗教、そして環境問題に言及し、もろもろの「制度」を再構築する方向を示唆し、提言する。

目次

  • 序論 私たちは制度のなかを生きている
  • 第1章 理解する
  • 第2章 アメリカの世紀の興隆と衰退
  • 第3章 政治経済—市場と労働
  • 第4章 行政・司法・立法
  • 第5章 教育—技術的教育と道徳的教育
  • 第6章 公共教会
  • 第7章 世界のなかのアメリカ
  • 結論 民主主義とは注意を払うことである
  • 付論 社会学および公共哲学における制度

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ