肉体と死と悪魔 : ロマンティック・アゴニー

書誌事項

肉体と死と悪魔 : ロマンティック・アゴニー

マリオ・プラーツ著 ; 倉智恒夫 [ほか] 訳

国書刊行会, 2000.8

  • : 新装版

タイトル別名

La carne,la morte e il diavolo nella letteratura romantica

肉体と死と悪魔 : ロマンティックアゴニー

タイトル読み

ニクタイ ト シ ト アクマ : ロマンティック・アゴニー

大学図書館所蔵 件 / 62

注記

La carne,la morte e il diavolo nella letteratura romantica.原著第2版の翻訳

その他の訳者: 草野重行, 土田知則, 南條竹則

内容説明・目次

内容説明

19世紀ロマン主義文学の病理を摘出した書として、久しく私たちの枕頭に置かれていたマリオ・プラーツの名著『肉体と死と悪魔』が、いよいよ邦訳刊行されると聞いて、今昔の感をふかくしている。世紀末デカダン文学を読み解くキーワードとして、今では私たちに親しくなっている「宿命の女」とか「つれなき美女」とか「アンドロギュヌス」とかいった語は、すべて本書によって市民権を得たといってもよいであろう。プラーツ教授の駆使する資料は18世紀の聖侯爵から英仏伊の世紀末文学まで、さらにラファエル前派やギュスターヴ・モローらの画家にまで及んで博捜をきわめている。

目次

  • メドゥーサの美
  • サタンの変貌
  • 聖侯爵の旗印のもとに
  • つれなき美女
  • ビザンティウム
  • スウィンバーンと「イギリス風悪徳」
  • ダヌンツィオと「言葉にたいする官能的嗜好」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ