書誌事項

ことばと社会科学

内田義彦著

(内田義彦セレクション / 内田義彦著, 3)

藤原書店, 2000.10

タイトル読み

コトバ ト シャカイ カガク

大学図書館所蔵 件 / 148

内容説明・目次

内容説明

どうすれば哲学をふり廻さずに事物を哲学的に深く捕捉し表現しうるか。日常語ではやっていけないから「やむを得ず」専門語を使うのだという意識をもつことこそ、すべての個人の社会科学的認識を深めていく出発点である。そういった意識のなかで、素人の眼と専門家の眼が統一されている。

目次

  • 1 社会科学の視座(根本の学問と個別科学;主体性と客観性 ほか)
  • 2 考えてきたこと、考えること(日本の現場で;現実をいかに見るか ほか)
  • 3 自由への断章(個体と社会科学的思考;方法としての思想史)
  • 4 人間、社会、そして資本—『資本論の世界』をめぐって(なぜ『資本論』なのか;人間と自然との物質代謝過程 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4890316X
  • ISBN
    • 9784894341999
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    254p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ