HIV感染被害者の生存・生活・人生 : 当事者参加型リサーチから

著者

書誌事項

HIV感染被害者の生存・生活・人生 : 当事者参加型リサーチから

山崎喜比古, 瀬戸信一郎編

有信堂高文社, 2000.12

タイトル別名

HIV感染被害者の生存生活人生 : 当事者参加型リサーチから

Health & life

Health and QOL of medically induced HIV patients in Japan

タイトル読み

HIV カンセン ヒガイシャ ノ セイゾン セイカツ ジンセイ : トウジシャ サンカガタ リサーチ カラ

大学図書館所蔵 件 / 97

注記

その他のタイトルはブックカバーの表記による

内容説明・目次

内容説明

本書は、日本の薬害HIV感染被害者がライフ(生存・生活・人生)の各次元で直面している諸問題と、それをとらえる調査研究でわれわれがとった新しいスタイルと視点、用いた理論と方法を、記録として歴史に残し、21世紀に伝えるとともに、広く明らかにしアピールする。

目次

  • 日本の薬害HIV感染被害の歴史と現状
  • 新しいスタイルと視点からの調査研究
  • 薬害HIV感染者の属性と健康状態像
  • HIV医療体制のあり方
  • 医療への参加とセルフケア
  • 就労・就学・社会参加と生計
  • 差別および差別不安とその影
  • サポートネットワークと病気開示
  • ストレス対処能力SOCと生きがい
  • HIV感染の告知と説明
  • 被害認識と感情
  • 被害構造と救済・恒久対策—福祉施策の視点から
  • 今回の調査研究の意義と今後の課題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ