ヒトラー・ユーゲント : 青年運動から戦闘組織へ

書誌事項

ヒトラー・ユーゲント : 青年運動から戦闘組織へ

平井正著

(中公新書, 1572)

中央公論新社, 2001.1

タイトル別名

ヒトラーユーゲント : 青年運動から戦闘組織へ

タイトル読み

ヒトラー ユーゲント : セイネン ウンドウ カラ セントウ ソシキ エ

大学図書館所蔵 件 / 281

注記

ヒトラー・ユーゲント関連年表: p223-237

参考文献: p238-242

内容説明・目次

内容説明

ナチ党の黎明期、まだ党員になれない少年少女は「ヒトラー・ユーゲント」として認知された。一方ドイツには、帝政時代から独自の「青年運動」の流れがあった。それを受け継ぐ指導者シーラハのもと、「ユーゲント」には、合法的だが暴力的、というナチらしさが隠蔽されていた。健康的で自律性の高い集団として人気を博していた彼らが、ヒトラーによって戦争に利用され、破滅への道を進まされていく運命を克明に辿る。

目次

  • 第1章 青年運動から「ヒトラー・ユーゲント」へ
  • 第2章 シーラハと「ヒトラー・ユーゲント」
  • 第3章 国家ユーゲントへの道
  • 第4章 「ヒトラー・ユーゲント」育成の道
  • 第5章 戦時体制—「ヒトラー・ユーゲント」の崩壊

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ