書誌事項

間接税・消費課税の改革

吉田和男著

(21世紀日本のための税制改正)

大蔵財務協会, 2001.2

タイトル別名

日本のための税制改正

タイトル読み

カンセツゼイ ショウヒ カゼイ ノ カイカク

大学図書館所蔵 件 / 195

注記

『ファイナンス』の連載「やさしい税制」 (平成11年12月号-12年10月号) をまとめたもの

内容説明・目次

内容説明

21世紀、日本経済の維持と国民生活の安定を図るため我々はどのような税制を選択すべきか?21世紀において税体系の中心にならざるを得ないと考えられる消費課税の重要性と消費税改革の必要性を、現状に対する鋭い分析と洞察を通じて明らかにする。

目次

  • 第1章 直間比率の是正
  • 第2章 所得課税か消費課税か
  • 第3章 消費課税とは何か
  • 第4章 消費税の課税方式
  • 第5章 消費税の経済学的分析
  • 第6章 消費税と財政再建
  • 第7章 消費税と福祉目的税
  • 第8章 消費税制度の改善
  • 第9章 特定財源としての消費課税
  • 第10章 政策課税と環境税
  • 第11章 二十一世紀の税制の選択

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA50654997
  • ISBN
    • 475470763X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    267p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ