書誌事項

右手の優越

ロベール・エルツ著 ; 吉田禎吾, 内藤莞爾, 板橋作美訳

(ちくま学芸文庫)

筑摩書房, 2001.6

タイトル別名

右手の優越 : 宗教的両極性の研究

La prééminence de la main droite

Contribution à une étude sur la représentation collective de la mort

タイトル読み

ミギテ ノ ユウエツ

大学図書館所蔵 件 / 70

注記

その他の書名はカバージャケットによる

垣内出版 1980年刊の再刊

「死の集合表象研究への寄与」Contribution à une étude sur la représentation collective de la mort (Année sociologique, 1re série, t.X, 1907)および 「右手の優越」La Prééminence de la main droite(revue philosophique. XXXIV, 1909) の全訳に、 ニーダム夫妻(Rodney and Claudia Needham)による英訳 Death and the right hand(London : Cohen & West, 1960)に寄せたエヴァンズ=プリチャードの序文の邦訳を加えたもの

文庫版解説: p203-247

参考文献: 巻末pi-xxii

収録内容

  • 死の宗教社会学 : 死の集合表象研究への寄与 / 内藤莞爾訳
  • 右手の優越 : 宗教的両極性の研究 / 吉田禎吾訳

内容説明・目次

内容説明

現在の象徴体系、認識体系研究の先駆けとなったフランス社会学黄金期の著作。論文「死の宗教社会学」を併録する。

目次

  • 死の宗教社会学—死の集合表象研究への寄与(あいだの期間;最終の儀式)
  • 右手の優越—宗教的両極性の研究(有機体の非対称性;宗教的両極性;右と左の特徴;両手の機能)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA52251506
  • ISBN
    • 4480086382
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    247, xxiip
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ